はじめから諦めていては何もできません。まず一歩、これが大事。

体が硬い私は開脚ができると思ってもみませんでした。「人と骨格が違うからできない。」「開脚は元々体の柔らかい人しかできない。」「もういい歳だし。」と、何の根拠もないのに自分が「できない」ことを決めつけていました。

IMG_1442.JPG

けど、たまたまテレビで見たどんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法 のEiko先生の生徒さん(その時は皆さんご年配の方たち)が、揃いも揃って開脚をしているじゃありませんか!!

「本当に骨格が人と違うせいでできないのか、試してみよう」そんな気持ちで開脚を始めました。

そしたら少しずつですが、足が開くようになっていきました。今では(ちょっと無理すれば、笑)おでこが床につくまでになりました。開脚を始めたころと比べ物にならないくらい体が柔らかくなりました。

年齢を言い訳にしたり、はじめからできないと決めつけてしまっていては、本当はできることもできなくなってしまいます。年齢による老いにはあらがえない部分も沢山ありますが、私の体は若い頃と比べたら確実に筋肉がつき、柔軟になっています。

「できないと思っている事」は、努力を積み重ねていけば「できる事」になると思います。そのスピードは人それぞれです、他人と比べるのではなく、過去の自分と比べることです。

だから今日も私はジムでせっせと足を広げてきます。^^



・無理のない範囲でコツコツと積み立て投信始めました。
・本は定期的にブックオフのネット宅配買取サービスを利用しています。
・筋肉の味方プロテインはまとめて楽天市場で購入。楽天カードでポイントもゲット!

先週よく読まれた記事