私の一番の理解者であり、よき夫、よきパートナー、そして最高のライバル。

「今日何食べた?「体重はどうだった?」私が主人にほぼ毎日尋ねることです。特に主人の体を心配してとかじゃないんです。笑。食べ物によって体は左右されるので、主人がバランスよく食事を摂っていればそれでOKなんですが、尋ねることには実は他に理由があるのです。

cbcb1e5accf2379132c024b5cf7ba796_s.jpg

それは、私自身もきちんとした食事を摂れているかを省みるためなんです。

冷蔵庫に何もない時など、パスタやお米のみで炭水化物にかたよりがちな食事になったりしませんか?

こういうときに、主人から「今日はバランスのいい食事だった」なんて聞くと、「やばい!汗」と焦って自分も気をつけなきゃと思うし、「ラーメン大盛プラス半チャーハン」と聞けば、「しめしめ、ここで差がつくんだよ!^^」となります。体重のことも同じです。

私のライバルはこんなに近くにいます。

毎日のジム通いも本当に特別なことではないんですが、「今日くらい...明日頑張るから...」と、悪魔がささやくこともあります。けどそんな日に主人が張り切っていれば、「仕方がない...ジムに行くか」と、お尻を叩かれます。

私ひとりだったら、ジム通いもこんなに続いていなかったと思うし、今頃ダボダボの服を着て体型を隠していたことでしょう。「自分の力だけでは...」と思っている人は身近なパートナーをライバルにしちゃいましょう。

関連記事:自分で選択肢の幅を狭めるようなことになっていませんか?

今後も主人をよきライバルとして、二人でお尻を叩き合い、体を鍛えていきたいと思います。

子供の頃は学校へ行きたくなくても親にお尻を叩かれて行ったものです。お尻を叩いてくれる人いますか?



・無理のない範囲でコツコツと積み立て投信始めました。
・本は定期的にブックオフのネット宅配買取サービスを利用しています。
・筋肉の味方プロテインはまとめて楽天市場で購入。楽天カードでポイントもゲット!

先週よく読まれた記事