旧姓の印鑑の断捨離。これで私も一人前の大人になれたかな!?

大人って...私すでに四十路過ぎています。笑。一人前って...離婚もしています。笑。主人の転勤に伴い引っ越しがいよいよ目前に迫ってきています。引っ越しはとにかく身軽に動きたいので、いつもは見ない細かいところまで目を光らせた結果、旧姓の印鑑が出てきました。

77e07a915b6f46f75f2d22dc1d7d3016_s.jpg

離婚したときに旧姓に戻していれば、必要になることもあったのかもしれませんが、今後主人ではない誰かと結婚することがあっても、私の旧姓となるのは今の姓。

というわけで、まったく必要のないものを後生大事に保管していても、この先一生お世話にならないもの。唯一あるとすれば、旧姓の名字の人と結婚した場合。笑。その可能性は限りなくゼロに近いです。

それならもう要らない。

削り直して新しく名前を彫ってもらおうとも考えましたが、そんな高価なものではないし、すでにもうあるもので十分。私は銀行の通帳はすべて下の名前(ファーストネーム)で作ってあります。これは母が、「女の子だから結婚したら名字が変わる」ってことで作ってくれたものです。

「印鑑」って日本人なら身近なもので捨てるには躊躇することもあると思いますが、他の物と一緒。今使っていない物は、今後も使うことはありません。

印鑑を処分して気分スッキリ。これで一人前になれたかな?^^



・無理のない範囲でコツコツと積み立て投信始めました。
・本は定期的にブックオフのネット宅配買取サービスを利用しています。
・筋肉の味方プロテインはまとめて楽天市場で購入。楽天カードでポイントもゲット!

先週よく読まれた記事