ゲスな話は酒の肴にもならなかった。正妻と愛人を仲良くさせてから公言して欲しいわ。

主人と楽しくいつものお店で飲んでいると、隣の席からなんとゲスな話が聞こえてきました。お酒が入っているせいか大きな声で恥ずかしくもなく「不倫」の話をしていました。

6BAAA465-8279-41D7-B267-73AC0B3347DC.jpeg

気になって(笑)チラッと横目で見たら、私と同世代の男性4人。

その中の一人が、奥さんの他に彼女がいて、その付き合いは結婚する前からで奥さんにバレていないと言います。それを大声でしゃべりまくっていました。隣にレディ私が座っていると言うのに。笑

珍しくもなくよくある話なのかもしれませんが、私が思ったことは「奥さまが可哀想」という事。大声で自分の恥を晒しているんですよ。そういうことは極秘裏にすることじゃないのかしら?「奥さまからも彼女からも捨てられちまえっ!」と私はずっと心の中で叫んでいました。

主人の耳にも絶対に届いていたこの会話。特にこのことについて話しませんでしたが、主人には珍しく一軒目を早々に切り上げました。で、もう一軒はしごして、それでもいつものように酔うことができず、フラフラとコンビニに寄ってビールを買った写真です。笑

自宅に帰り録画したテレビを観ていたら、なんと一夫多妻のおうちのこと(日本です)がやっていました。そこには三つの家庭を持つ旦那さんがいて、ちょっと複雑ですが、現奥さん(別居中)と元奥さん(同居中)の仲がいいんです。そして3人目の奥さん(彼女)のことも認めているという、不思議な家族がいました。一夫多妻を公言していて、豪快な旦那さん。このくらい上手にできるのなら、私も認めてもいいなかって。

結局、物事は中途半端にやるなってことですよね。^^

今日はよくわからない日記になってしまいました。

 

・働く主婦におススメ。私は全国宅配クリーニングを利用しています。
・無理のない範囲でコツコツと積み立て投信始めました。

先週よく読まれた記事