上から景色が見たいから。ヒエラルキーの頂点がマッチョなら、私はそこを目指すだけ。

私が通っているジムは6階にあります。開放感に溢れて眺めが良く近くにある地上の広場も上から望めます。その広場では週末になるとフードイベントが開催され、私も何度か足を運んでいます。先月はビールフェスやっていましたが、予定が合わなく行けずじまいでした。残念。

ef1a04e617d295e983e9fb5a7f413e5a_s.jpg
渋々ジムに行くことにしたのですが、その広場は大賑わいで通り抜けるのも一苦労。ビールフェスともあって、みんな酔っ払い。笑。みんながワイワイ楽しそうにしているのを尻目に、「私はジムかよ」と思って通り抜けました。

ジムたどり着き、トレーニングウエアに着替え、本来居るはずだった場所を恨めしそうに上から眺めました。

その時ふと思ったんです。これがヒエラルキーだと。ピラミッドの上にいる人たちは常に努力をしていて、その努力は下からは見えづらいということ。同じ立ち位置につくことで見えたものがそこにありました。

差をつけることは大きいことをやるのではなく、毎日コツコツ積み上げたもので差がつくのだと思います。

私にはまだ見えないものがあります。見えないのなら、努力を積み上げ、階段を一歩ずつ登りなければなりません。その他大勢が見れる景色じゃなく、頂点に立つ人と同じ目線で物事が見たいから。

さぁ今日もジムだよ!^^

 

・無理のない範囲でコツコツと積み立て投信始めました。
・本は定期的にブックオフのネット宅配買取サービスを利用しています。
・筋肉の味方プロテインはまとめて楽天市場で購入。楽天カードでポイントもゲット!

先週よく読まれた記事