老いを受け入れて服やメイクはシンプルに。だけどオンナを捨てるわけじゃない。

断捨離をしてからというもの、私は身の回りも考え方もすごくシンプルになりました。(参照:自分を観察してよく知った結果、服とメイクはシンプルになりました。)40歳を迎えこの辺りが山頂、人生の折り返し地点と考えるなら(私は120歳まで生きますが^^)これまでプラスしてきた物や考えをシフトチェンジして、もっともっとシンプルにしたいと思ってます。

続きを読む

お化粧に時間をかけるより、筋トレで成長ホルモンを出して内側から若返る。ジムも復活!

いつもの時間にいつもの場所でお化粧直しをするご婦人。正確に計ったことはないけど、トイレの鏡の前を陣取り20分はペタペタ塗り塗り。身だしなみは大切、オババになればなおさら欠かせない。けどお化粧直しに20分もったいなくない?(朝はどのくらい時間をかけてるんだろ…?)

続きを読む

「ダウンはおばさんだけ」誰がそんなこと言った?けど本当かも。

「ダウンっておばさんしか着ない」そういわれてみれば、確かに。寒い寒い冬は苦手の私。冬になれば家の中ではファンヒーターの前を陣取り、外出となれば体中にホッカイロをいくつも貼りつけ長めのダウンコートを着てマフラーをグルグル巻き。生姜湯やココアで内側から温めて、それで気合を入れて外に出る。

続きを読む

体は自分で造るもの。努力がコンプレックスを上回るまで頑張るぞ。

この写真は私が毎日ドアを使って開脚をしている画です。寝転がって壁に向かって脚を広げています。パンツは履いてますので。笑。こうして足を天井に向かって持ちあげ大きく広げるだけで、一日の疲れが流れるような感じがして、脚も気持ちも軽くなります。開脚以外にも効果ありです。

続きを読む

甥っ子くんの成長について行けなくなってます。でも喜ばしいこと。気持ちだけでも若くいよう。

久しぶりに甥っ子くんに会ったら、身長が伸び大人びいてきました。だからなのか以前に比べて笑顔が少なくなったように感じました。姉にたずねたら、「小学5年生にもなってニヤニヤしてたらおかしいでしょ。」と言われちゃいました。まぁそうだけど...笑顔が見れないというのはおばさんとしては淋しい。

続きを読む

腹が出ていては戦ができん。『生まれ変わるのなら生きてるうちに。』

「お腹が出てるのだけはみっともないからやめてね」私がいつも主人に言っている言葉です。主人は私と同い年で、今年42歳になります。世間で言われる「中年」です。中年と言えば、一昔前はお腹ポッコリの人も「中年太りだから」が通じたのかもしれませんが、今や時代は健康志向です。お腹が出てる=メタボ。

続きを読む

おっぱいは垂れたら元に戻せませんが、お尻は鍛えて元に戻すどころかヒップアップできます。

私がよく受ける質問なんですが、「ジムに行って何をしているの?」というのがあります。私に対するイメージはランニングマシーンで走っているみたいです。「ほぼ筋トレだけで、走らない」と答えると、意外というような顔をされます。(まだまだ筋トレが足りないのかもしれませんね)そうなんです、私はジムでは走りません。普段でもよっぽど急いでいない限り走ることはありません。それは...

続きを読む

私もデビュー夫人になる。開脚の次は前後開脚よ!チャレンジ!

「人は何かを諦めた瞬間から歳をとり始める」ソフトバンクのCMご覧になりましたか? 私は元々体が硬いんです、だからベターッと開脚なんてできるなんて思ってもなかったんです。けど、ここ数ヶ月「赤ちゃんのころから体が硬かったわけではない」と自分に言い聞かせて、せっせとストレッチをしていたら、自分でもびっくりするくらい足が開くようになりました。

続きを読む

オンナ40才化粧品やサプリにお金を掛けず、筋トレでアンチエイジング。

老化を感じる部分は人それぞれだと思いますが、女性だと、髪や肌の張りで若い時との違いを感じることが多いと思います。お値段の高い化粧品やサプリメントであれば、その効果は期待できるのでしょうけど、運動して筋肉を動かして新陳代謝を活発にすることもまた無視できないことです。

続きを読む

恵まれた体型でいられるのは30代まで。40代からは努力が必要。

40代からは運動を生活の一部に。 身長170cm、体重52kg、これだけを聞くとさぞかし恵まれた体型とお思いでしょうが、それは30代までです。35歳を過ぎたあたりから、体重はそんなに変わらなくても、お腹が出てきて、腰回りにも手でつかめるようなお肉がつき始めました。

続きを読む

先週よく読まれた記事